徒然たびたび夫婦旅

温泉、ドライブ、プチ旅行~夫婦二人で気ままにお出かけ日記!

なぜ人は働かなくてはならないのか。~ふづきの独り言~

ふづきです。



自分は、働くのは嫌いではありません。
今までも、やりがいをもって取り組んで、その成果が出るとやはり嬉しかったりしました。

ただ、職場環境に馴染めなかったり、人間関係がうまく構築できず、なかなか続けるのが難しかったのですが。



では、働く理由って何なのでしょうか?



・お金のため

・生活のため

・人間らしく生きるため

・会社のため

・自分のため

・家族のため

・世の中の(誰かの)ため

・自分を認めてもらうため

・働くことが常識だから

・暇だから

・ボケないため

・やりがいのため

・夢を叶えるため

・仕事そのものが生きがいのため



100人いれば100通りあるのかもしれません。

どれが正解で、どれが不正解、という話ではありませんし、どれを肯定して、どれを否定するという訳でもありません。



そもそも、

何で働かなければならないのだろう?

と、

思っただけな話です。





普通の人は、学校を出て、社会の一員となり、社会人として会社のために尽くし、家族を養い、幸せな家庭を築くのでしょう。



そうなると、

学校を出てない人や社会の一員となれない(社会に馴染めない)人、会社のために尽くせなくて家族を養えない人は、幸せな家庭を築くことはできないのでしょうか。



幸せとは、一体何なのでしょうか。



人それぞれ、考え方や感じ方、価値観が違うのだから、一概にそうこう言えないもの、で片付けられるものでしょうか。



一体、あなたは

何が言いたいの?

どうしたいの?



そう思われるようなことを、真剣に考えて、悩んで、気持ちが悪くなり、吐き気がして、それでも考えてしまう。



嫁のさつきには、

「損な性格だよね」

と、良く言われます。





考えなくても良いこと、考える必要のないこと、考えても無駄なこと、考えても解決できないこと、世の中にはたくさんあるんだと思います。



きっと、人生を謳歌している人は、考えたり悩んだりする時間を、有意義に使えてたりするんだろうなと、勝手に思っています。


自分のような人間は、些細なことに反応して、気になることに集中して、小さなことに大きく悩んで、結局解決に至らず疲れ果ててしまう。

全部が全部、そうではないけれども、人一倍考えることに長けているのかなと、人の何倍もの集中力があるのかなと、ポジティブに考えるようにしています。



実際、何日も同じ悩みを抱えて、ずっと食欲がなく、仕事のことを考えるだけで吐き気がしていました。
けれど、旅をする時は、半日以上車の運転をしていてもヘッチャラだったりします。疲れ知らずでした。





話が逸れましたが、

なぜ人は働かなくてはならないのか、ということですが、



その目的の先に、誰かへの想いがあるから、なのかなと。



その誰かとは、

家族であったり、恋人であったり、友達であったり、はたまた未来の自分への投資であったり。



自分は、自分のためには生きたいと思いません。

大切な嫁や家族のために、生きる意味を見出せました。



だから、

そのために、自分に合った環境で、働きたいんだと思っています。


幸せとは、働くことで得られるものではなくて、

働きたいと前向きに考えられるようになったり、

一生懸命物事に取り組んでいる姿勢を、見たとき、知った時に感じるものなのかもしれません。





ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村