徒然たびたび夫婦旅

温泉、ドライブ、プチ旅行~夫婦二人で気ままにお出かけ日記!

祝!読者100人、感謝を込めて~もう一度訪れたい温泉を語る…嫁と車と混浴露天風呂~【福島県木賊温泉共同浴場】

ふづきです。



嫁のさつきからブログを勧められて、夫婦の雑記ブログとして始めたのが、今からちょうど200日前。

初めは、右も左もわからず(今もわかってないことばかりですが…)、ただただ思っていること、考えていることを綴って、今の今まで全く同じスタイルで書き記してきました。周りを見ると、いろんなジャンルで、細かく調べ上げていて、解りやすく紹介されていて、星の数やブックマークの数、読者の数など、ものすごく多いことに驚きと尊敬を抱いていました。今でも、全然、数字の上では敵いませんし、皆さんのブログを参考にさせて頂くことも多々あります。毎日のように更新するだけでも大変なことだと、身を持って感じています。

もともと、「自分の書きたいことを書いたら?」と、嫁から教えられて書き始めたので、それほど数や周りの反応を気にしてはいなかったのですが、やはり、反応があったり、数が増えたりすると嬉しかったりするものですね。増えたり減ったり、晴れる日もあれば雷雨でびしょ濡れになる日もある。濡れたら、晴れの日に乾かせば良いだけですね♪



200日という時間は、人生の中では「たった一瞬」に過ぎない時間かもしれません。

その一瞬に、こんなにも自分の言葉を綴ったことは今までありませんでしたし、考えや想いを馳せる大切なひと時を作らせてもらえた、ある種、深みのある時間になったと感じています。

この場をお借りして、このような機会を設けてくれた嫁のさつきに感謝するとともに、一瞬でも自分たちの拙い文章に目を向けて下さって、コメントを頂いたり、特に読者として少しでも興味を持って頂いた皆さんに。



 ふづき と さつき 

「ありがとうございます!」





今回は、もう一度訪れたい温泉を語ると題し、自分たちが今まで行ったことのある温泉の中でも、特に印象深かった1つの温泉を語りたいと思います。



福島県にある、木賊温泉とくさ、と読みます)。

木賊温泉の名は、植物の木賊が群生していたことに由来し、今から約1000年前に発見され、“会津の隠れ湯”だったと伝えられています。川床から湧き出る露天岩風呂は、 昔と変わらぬ清流のセセラギを聞きながら、四季折々の自然とともに心と体を癒してくれます。 木賊温泉には、16軒余りの旅館・民宿が散在し、“秘湯の里”といわれています。

(詳細な場所と情報は、南会津町公式ホームページ参照)
www.minamiaizu.org



2012年の冬に、嫁と車で来たときには営業していたのですが、2019年10月の台風19号の影響で、建物が流され、土砂で埋もれてしまったよう。重機による土砂撤去や、地元住民がスコップでの作業を続けた結果、12月2日から建物はない状態での『露天風呂』として入浴できる状態まで復旧したそうです。

(福島民報より引用)
www.minpo.jp



自分と嫁のさつきは、温泉旅にどっぷりハマっていて、毎週どこかの温泉郷へ湯めぐりの車旅をしていました。そんな最中、2011年3月11日、東北地方太平洋沖地震が起こりました。前代未聞の悲惨な現状をテレビで目の当たりにし、自分たちがいかに幸せに生かされているのか、と感じるとともに、何か少しでも力になれればとの思いもあり、「現地を知ること」「現地でお金を落とすこと」が今の自分たちにできることだと思いました。そして、福島岳温泉や、飯坂温泉土湯温泉湯ノ花温泉など巡り、木賊温泉に辿り着いたのです。




木賊温泉岩風呂

f:id:fuzuki-satuki:20191207023753j:plain
雪が舞う露天風呂、地震の影響が少なかったようで安心しました。※写真は2012年当時



料金:200円(料金箱に入れるシステム)

営業時間:24時間(※現在は制限あり)

泉質:単純硫黄泉

泉温:44.8度(源泉温度)

露天風呂:混浴(湯あみ着 可)

効能:神経痛、筋肉痛、切り傷、やけど、皮膚病など

※最新の情報はご自身でご確認下さい。



f:id:fuzuki-satuki:20191207025739j:plain
地域住民の大切な共同浴場です。『誇り』と呼べるくらい素晴らしい温泉です。
マナーを守って利用しましょう。次来たときも、入れますように…。



f:id:fuzuki-satuki:20191207025820j:plain
無人なので、お金を夫婦2人分、チャリンチャリンと入れました。



f:id:fuzuki-satuki:20191207025915j:plain
あれは、もしや…!?



f:id:fuzuki-satuki:20191207030028j:plain
家でも愛用している「ケロリン桶」ですね♪
温泉あるあるです。





f:id:fuzuki-satuki:20191207030112j:plain
嫁とケロリン桶と雪見風呂。
これ以上の贅沢はありません。



湯触りは、とても柔らかい感触。舐めると、まろやかさが舌に残ります。源泉は足元からポコポコと、湧き上がってくるのを感じます。外が寒いので、44度でも少しぬるく感じるくらいです。もちろん、仁王立ちで川のせせらぎと小雪舞う絶景を眺めました。笑。冷えたらまたザブンと、お湯に浸かり、ほのかに香る硫黄の匂いにも浸りながら、嫁とこの何とも言えないお湯加減を語り合います。単純なのに単純じゃない、この温泉らしさを、実際肌で感じないとわからない絶妙な源泉の湧き具合。それに、この絶景を夫婦で分かち合えるのは、最高の贅沢だと思います。



集落の大きな誇りである木賊温泉

災害のたびに建て直され、今もなお湧き出でるお湯。そこには、復興という前向きな希望と、何があっても諦めてはならないという強い信念を感じるとともに、また来たい…いや、呼ばれているような気持ちに駆られる何かを、今、あの記憶とともに感じる気がします。









夫婦やカップル、家族で温泉を楽しみたい♪♪
旅をしながら混浴露天風呂のある記事を紹介しています。

www.fuzuki-satuki.com
www.fuzuki-satuki.com
www.fuzuki-satuki.com
www.fuzuki-satuki.com
www.fuzuki-satuki.com
www.fuzuki-satuki.com



東京の島「式根島」は、温泉の島!水着着用で一緒に満喫できます♪♪
www.fuzuki-satuki.com




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村