徒然たびたび夫婦旅

温泉、ドライブ、プチ旅行~夫婦二人で気ままにお出かけ日記!

『家にいる』ということ。それは、嫁との時間を有意義に過ごせる大切な機会~嫁と自分とおうち時間~【日常 過ごし方】

お題「#おうち時間



ふづきです。





自分たち夫婦は、旅が好きです。
よく自分の運転で嫁のさつきを乗せて車旅へ出掛けています。観光も良いですが、特に温泉が大好物で、湯めぐり旅にハマってたりします。

けれど、今、そんなこんなで、お出掛けモード→外出自粛モードとなり、ふたりの楽しみが奪われてしまった状況です。楽しみよりも、最優先すべきことは生きることですから、仕方のないこと。けれど、生きていくということは、何もせず、ただただ時が流れるのを待つのでは、苦痛でしかありません。体力も気力も滅入ってしまっては、ウイルスに立ち向かうことも、これからの旅への構想を練ることもできなくなってしまいます。それだけは避けたい事実。

この前例のない、皆々に均等に与えられた時間を、どう過ごすかは「あなた次第」ですが、普段よりも家にいることができる貴重な時間と思うと、ちょっと贅沢かもしれないですね。





はじめに


f:id:fuzuki-satuki:20200601234104j:plain
伊豆大島で出逢った『あんこさん』



「これをしたらダメ」


「あれをやらなきゃいけない」



行動や気持ちに制約をかけられると、

心に余裕があるうちはそれに素直に応えることができますが、

余裕というストックが切れると、

ダメだと言われても歯止めが利かなくなることがあります。

それは、大人でも子供でも、

健常者でも認知症の方でも、

同じような気がします。





STAY HOME



状況を鑑みると、仕方のない状況なのかもしれません。

今すぐどうにかする方法があるなら、

誰もが望み、実践しているはずです。



もし、

家にいることでの楽しみを見出せ、

有意義さを感じることができれば、

心の隙間に余裕が生まれ、

もう少しなら家にいても平気だなと、

思えることだろうと考えています。




今まで…


f:id:fuzuki-satuki:20200601234143j:plain
能登半島のゴジラ岩を捜して『昼下がりの一枚』



少し前まで自分たち夫婦は、

お互いにガッツリ働き、

すれ違いの時間ができたことで大きなものを見失いました。

そもそも、自分は働くことで、

自分のことより職場、そこで働く職員のことばかりに気を遣い過ぎて、

自分を見失い、目的が分からなくなり、

さらには、嫁や家族をないがしろにしていたことに、

気が付く余地がありませんでした。



しまいには身体を壊し、を病み、

仕事に対しての恐怖で、家から出ることすら

大変な労力と精神力を使わざるを得なくなりました。



そんな忙しい状況ながらも、

一早くおかしいという変化に気付いた嫁は、

仕事を辞めたら?

と、迷いのない口調で、

自分の背中を押してくれました。



こんな状態の自分を受け入れ、

好きなようにやったらいいと、

大きな器で包み込んでくれたおかげで、

少しづつ、自分を見つめ直すことができ、

等身大の自分でここにいることができています。




在り方とは…


f:id:fuzuki-satuki:20200601234214j:plain
男鹿半島で『初対面のなまはげ夫婦』



家族の在り方

夫婦の在り方を、

自分が偉そうに決めつけることも

提案することも、

そんな口出すような立場ではないと思っています。



嫁と夫、

それぞれの人生ストーリーがあって、

ふたりでの、家族での刻んでいく時の流れ方がありますからね。




大切に思うこと…


f:id:fuzuki-satuki:20200601234246j:plain
べっこう丼の味に負けない『濃い~お茶』



自分は、

この状況下に置かれる以前から、

仕事を辞め、家にいる時間が増えることで、

時間と気持ちに余裕ができ、

心を落ち着かせることができています。

見失っていた大切なものを、見つめ直すことができました。





家族との時間です。

特に、嫁のさつきとの在り方



ガッツリ働いていた時よりも、

今の方がケンカが明らかに減りました。

稼ぎも威厳も減りました。笑

無理してまで嫁を支えなければならない、

という、一点張りな自分主義の発想がなくなりました。

嫁に支えられて今の自分がいること

つまり、

片方で支えているのではなく

お互いが支え合っているという事実を、

目や耳だけでなく、五感…いや、全身で感じることができました。



自分は、頭ごなしで理解しようとするので、

言葉で理解をしたつもりになっていることがほとんど。

実際に、しっかりと理解していることが、

ほとんどないことに気付きました。



若いうちに、こんな初歩的なことができていれば、

家庭を持つ一家の主として、



頼りがいのある大黒柱になれたはずなのに…

今更遅すぎだろ…



嘆きました。



情けなくて当たり散らしました。



けれど、



翌々、冷静に考えると、



今、気付いて良かったなと、



気付かなかったら、このまま一生、

情けないと嘆いていたなと、



なんだか嬉しく思いました。




今、家にいること…


f:id:fuzuki-satuki:20200601234313j:plain
ゆっくり、焦らず、『人生楽しみましょう』



確かに、

今は、誰もがつらい状況です。

誰々のせいだ、と、

言いたくもなります。



だったら、

いっそのこと、



家族や嫁との時間を、

これでもかと言うほど、

過ごしてみるのもアリかなと。



何をやっても無駄だと思うなら、

楽しく前向きに過ごす方が明らかに気持ちが良いです。




まとめ


f:id:fuzuki-satuki:20200601234344j:plain
大切な人は『いつもそばに』



いつも自論ばかりですが、

何とかなります。

前を向いていれば。

大切な人がいるなら、

しっかりとその手を握っていれば、

何とでもなります。



今という時間を、

つまらなく過ごすか、

楽しく過ごすか、

極端ですが、

今の自分だったら、

嫁との時間を楽しく過ごす

ただ、それだけです。





一緒にYouTubeを観たり、

同じゲームアプリをやったり、

温泉に行けないときは、仕方なく、

家風呂で入浴剤で旅気分に浸ったり、

嫁の料理を食べて、

美味しいときは「うまいね!」と言ったり。

いつもおいしいよ!笑。

お互いにルーティーンがあるので、

そこは尊重し合うことが大切。

特に自分は、リズムが狂うとパニックになるので…。



お互いの、間合いと言うか、

リズムタイミングを知ること。

好き嫌いは、お互いにあるのは当然なので、

良いとこや嫌なとこを見つけ始めたらキリがないので、

何と言うか…



自分は偉くないし、

だからって、嫁が偉いわけでもないし、

ただ、一緒にいるだけでいいんです。



会話なんて、無理にするものでもないですし、

眠そうにしてるのを見かけたら、



ふづき「のび太君の目(33)になってるよ!」

さつき「…ふぇ?…眠い。」



とか。



お互いの面白い癖とか、

新たな発見があったりします。



また、それも楽しみです。






人付き合いが苦手な自分が、嫁と湯めぐり旅を始めるなんて…
www.fuzuki-satuki.com


温泉の虜になっていきました!
www.fuzuki-satuki.com


今を楽しむことって、大切のことだと思います。
www.fuzuki-satuki.com


それだけの日常が、一番安心できたりします。
www.fuzuki-satuki.com


仕事を辞める決断は、そのあと前を向くかどうかだと思います。
www.fuzuki-satuki.com





ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村